リーブラについて

 リーブラについて

港区立男女平等参画センター(愛称「リーブラ」)は、男女平等参画社会実現のための区民及び団体による活動への支援等、男女平等参画施策の推進に関する事業を実施する拠点施設です。

センターの愛称は【リーブラ(Libra)】。ラテン語で「天びん」を意味し、「男女平等」の願いを込めて名付けられました。

区民や団体が、『地域で男女平等参画を進める活動の拠点施設』と位置づけられています。

 リーブラの歴史

昭和52年(1977年)
10月
・庁議において、区民部区民課を婦人問題に関する総合窓口とすることを決定。
昭和53年(1978年)
4月
・区民部区民課に婦人問題担当主査を設置。
昭和54年(1979年)
12月
・港区立婦人会館条例制定。
昭和55年(1980年)
4月
・港区立婦人会館オープン。
昭和58年(1983年)
2月
・マスコットマーク決定
(港区の頭文字Mを、共に学び共に歩む女性をイメージしてデザイン)。
昭和62年(1987年)
9月
・福祉事務所の移転にともない、2、3階部分を改修し、
従前3階の婦人会館にあった「消費者コーナー」が2階に移り、
「消費者センター」(商工課所管)に変更。
同じ2階に婦人会館事業専用室を設置。
平成6年(1994年) ・4、5階部分改修(工事期間中は旧桜小学校を仮施設として使用)
平成7年(1995年)
4月
・施設の名称を「女性センター」に改称し、リニューアルオープン。
平成7年(1995年)
5月
・マスコットマークを新たに決定
(男性と女性が平等でありたいとの願いを込めて)
女性センターの愛称を「リーブラ」(てんびん座の意)に決定。
平成8年(1996年)
4月
・財団法人港区ふれあい文化健康財団にセンター運営を委託。
平成9年(1997年)
10月
・施設利用時間を火曜日~土曜日は30分延長し、
午後9時30分までとなる。和室の利用者増に応えるため2室に分割した。
平成10年(1998年)
4月
・財団法人港区ふれあい文化健康財団が、
財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団と名称を変更する。
平成13年(2001年)
9月
港区立男女平等参画センター条例制定
平成14年(2002年)
4月
港区立男女平等参画センター条例改正
「男女平等参画センター」となる。
平成16年(2004年)
3月
港区男女平等参画条例 公布
平成16年(2004年)
4月
港区男女平等参画条例   施行
・港区男女平等参画条例で、「男女平等参画センター」は、
区民や団体が地域で男女平等参画を進める活動の拠点施設として位置づけられる。
・男女平等参画センター主催事業の助言、
区民、団体に対し男女平等参画に係わる
活動、学習の相談、助言を行うためコーディネーターを配置。
平成17年(2005年)
4月
・女性相談から
「男女平等参画センター相談室 心のサポートルーム」に名称を変更。
平成17年(2005年)
6月
・区民、港区、リーブラの協働事業
第1回男女共同参画週間記念フォーラムを開催。(以降平成25年度まで毎年開催)
平成18年(2006年)
4月
・財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団が指定管理者となる。(平成20年度まで)
平成21年(2009年)
1月
・港区立図書館業務システムとの連携により図書資料室で、
図書館資料の貸出・返却開始。
平成21年(2009年)
4月
・株式会社キャリアライズが指定管理者となる。(平成23年度まで)
・心のサポートルームは指定管理者直営となる。相談員7名。
・月曜日が開館日となる。
平成22年(2010年)
4月
・創立30周年を迎える。
平成23年(2011年)
2月
・フェスティバル期間中に『リーブラ創立30周年記念式典』を催行。
平成23年(2011年)
3月
・11日東日本大震災の発生により、同日夜、
帰宅困難者のための緊急避難先となる。(3月12日正午に解除)
・東日本大震災により3月14日より25日まで、
全館終日業務を縮小して開館。
・3月26日より通常業務に復帰。
平成23年(2011年)
10月
・10月の定例議会により、株式会社キャリアライズに対して、非公募による再指定が承認され、
平成25年度末(平成26年3月31日)まで指定管理を行うことになる。
平成24年(2012年)
4月
・株式会社キャリアライズが指定管理者となる。
(再指定)(平成25年度まで)
平成25年(2013年)
4月
港区立男女平等参画センター条例改正。
・施設の利用取消しに伴う使用料還付開始。
平成25年(2013年)
7月12月
・港区施設予約システムが切り替え変更となる
平成26年(2014年)
2月
・平成26年度に予定されている田町駅東口北地区公共公営施設
「みなとパーク芝浦」への移転を記念した
『2014リーブラ新たな出発』を催行。
平成26年(2014年)
4月
・株式会社キャリアライズが指定管理者となる。
(2期目)(平成30年度まで)
平成26年(2014年)
12月22日
・みなとパーク芝浦(港区芝浦1-16-1)に移転
平成31年(2019年)
4月
・株式会社 明日葉が指定管理者となる
(令和5年度まで)
令和2年(2020年)
4月
・港区男女平等参画条例改正
・「みなとマリアージュ制度」導入
令和3年(2021年) ・第四次港区男女平等参画行動計画 令和3(2021)年度~令和8(2026)年度
令和3(2021年)
3月
・リーブラ40年史(1980~2020)
団体活動からたどる港区立男女平等参画センター 発行

 リーブラの機能…5つの柱

講座

さまざまなライフステージでの課題解決、男女平等参画推進のための講座、講演会などを企画・実施し、学習機会を提供しています。

>> 講座・イベントのご案内へ
>> 出前講座のご案内へ

情報

図書資料室では、男女平等に関する専門書・一般書、行政資料、DVDなどを貸し出します。「検索コーナー」ではパソコン利用も可能です。また、広報誌の発行やメールマガジンなどで、各種情報を提供しています。

>> 図書・ビデオの貸出について
>>お知らせ・広報誌について

団体支援

登録団体や区民の皆さまが実施する企画や団体活動へのアドバイス、広報のお手伝い、助成金の交付などの支援をしています。

>> リーブラの団体支援について

相談

「心のサポートルーム」では、家族、仕事、生き方など、どんな相談も無料で受け付けています。「一般相談」と弁護士による「法律相談」があります(予約制)。

>>相談室について

交流

団体活動の簡単な打合せや、利用者の交流、ネットワークづくり、情報収集の機会と場を提供しています。

>> 交流コーナーについて

トップへ
X