男女平等参画情報誌「OASIS オアシス」69号を発行しました。


特集テーマは『物語から学び、考える「ジェンダー平等」のかたち』。

性暴力の被害を訴える「#MeToo」ムーブメントの広がりによってフェミニズムへの関心が高まるなか、さまざまな国のフェミニズム文学が邦訳出版されています。特に、近年人気を博している韓国文学について、リーブラでは2月14日(日)、主催講座『韓国フェミニズム文学に学ぶ、ジェンダー問題の「リアル」』を開催しました。ジェンダー平等について、物語を通して一緒に学び、考えてみましょう。書評家の倉本さおりさん、北欧語翻訳者の枇谷玲子さんにおすすめの作品をご紹介いただきました。

ぜひお読みください。
https://www.minatolibra.jp/wp-content/uploads/2021/07/69_oasis_small_1p.pdf

トップへ
X