女性のエンパワーメント講座「人生を自分で考え自分で決める女性のための4日間」

公開日 2018年10月09日

女性のエンパワーメント画像 

リーブラ主催 
女性のエンパワーメント講座
「人生を自分で考え自分で決める女性のための4日間」
(4回連続)

11月16日(金)
11月22日(木)
11月29日(木)
12月6日(木)
各回 午後7時~9時

―満席につき、受付を締め切りました―

講座について

女性活躍という言葉が社会でうたわれてから数年たちます。この間、女性は少しは生きやすくなってきたのでしょうか。
社会参加ではマイノリティとしての女性が、自分の足で歩き進むために何が必要か、4つのテーマについて考えます。

※申込みの際は、下記の申込み方法に書かれた質問の答えを、申込みフォームの備考欄に記入してください(任意)

講師紹介

篠塚英子さん第1回 政治・経済
篠塚 英子 (しのつか えいこ) さん 
労働経済学者(お茶の水女子大学名誉教授)
定年後、法テラス、人事院人事官などの公職後、現在は民間企業や国立大学法人の社外役員など非常勤職に従事。お茶の水女子大学の前職では民間経済研究所で20年以上幅広くマクロ経済を研究。約40年前に初の著書「日本の女子労働」で女性問題と経済政策を論じたことから、政治と経済に関した言論活動を約半世紀続けてきた。

鈴木万梨子さん第2回 金融
鈴木 万梨子 (すずき まりこ) さん 
「きんゆう女子。」代表
獨協大学フランス語学科卒。旅行会社に入社しオーダーメイドの団体旅行の企画・営業・手配・添乗を担当。20カ国以上を旅する。旅行サービス立ち上げを目指し2015年、金融系ベンチャーに転職。自身の金融知識のなさと一般女性と業界との隔たりに衝撃を受け、誰もが金融・経営感覚を身につけることができる場「きんゆう女子。」を立ち上げる。2016年3月、株式会社TOE THE LINEを設立。
■きんゆう女子。
金融ワカラナイ、でも前向きに向き合い豊かな人生をおくりたい女性たちのためのコミュニティ。商品販売や紹介がなく毎週、女子会を通じて安心して金融・経済を学ぶことができる。メンバーになると特典がありライフスタイルを楽しむヒントが見つかる。

清水晶子さん第3回 ジェンダー
清水 晶子 (しみず あきこ) さん 
東京大学大学院総合文化研究科教授
専門はフェミニズム/クィア理論で、身体という経験をめぐる文化政治について考えている。著書にLying Bodies: Survival and Subversion in the Field of Vision、共著に『愛の技法——クィア・リーディングとは何か』など。毎年秋に研究科の院生と共に東大駒場キャンパスで開催するクィア理論入門公開連続講座は、今年で9年目を迎える。

猿田佐世さん第4回 国際情勢
猿田 佐世 (さるた さよ) さん 
新外交イニシアティブ(ND)代表・上級研究員、弁護士(日本・ニューヨーク州)
基地問題、原発、安保・防衛などの各外交・政治分野において、米議会などで政策提言活動を行う他、沖縄の人々や国会議員らの訪米活動をサポートする。研究テーマは日米外交の制度論。著書に「新しい日米外交を切り拓く(集英社)」、「自発的対米従属―知られざる『ワシントン拡声器』(角川新書)」など。
■新外交イニシアティブ(ND)
2013年8月設立。従来の外交に反映されてこなかった声を外交に届けるため、国内はもとより、各国政府、議会、メディアなどへ直接働きかける「新しい外交」を推進するシンクタンク。評議員は柳澤協二、藤原帰一、鳥越俊太郎、山口二郎各氏ら。 

ちらしPDFはこちらから

女性のエンパワーメントちらし[PDF:1MB]

講座概要

日 時

内 容

【第1回】 11月16日(金) 午後7時~9時  政治・経済
【第2回】 11月22日(木) 午後7時~9時  金融
【第3回】 11月29日(木) 午後7時~9時  ジェンダー
【第4回】 12月6日(木) 午後7時~9時  国際情勢
(午後6時40分開場)

会 場 港区立男女平等参画センター「リーブラ」 みなとパーク芝浦 2階 学習室C
参加費 無料
対 象

4回とも参加できる方

定 員 20名(申込順)
保 育 あり・無料 (4ヶ月~未就学児)
 (保育の締め切り:11月1日(木) ※ただし保育定員に達した場合はその時点で締切ります)
―満席につき、受付を締切りました―
申 込

満席につき、受付を締切りました― 

お問い合わせ先

港区立男女平等参画センター(リーブラ)
〒105-0023
東京都港区芝浦1-16-1
みなとパーク芝浦2階
TEL: 03-3456-4149  FAX: 03-3456-1254

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード