第1回シアター・リーブラ 『いわさき ちひろ~27歳の旅たち~』

公開日 2018年03月08日

リーブラ主催終了

シアターリーブラ画像1

第1回 シアター・リーブラ 
『いわさき ちひろ~27歳の旅立ち』
4月12日(木)午後2時~3時50分
(開場:1時40分)

申込みは不要です。当日直接会場にお越しください♪

映画『いわさき ちひろ~27歳の旅立ち』

画家いわさき ちひろの知られざる人生。
貴重な証言で綴る、初のドキュメンタリー映画。(DVDジャケットより)
© ホライズン・フィーチャーズ/ © CHIHIRO ART MUSEUM/ 2012年/ 日本/ 96分

あらすじ

絵本画家いわさき ちひろ。(1918年~1974年)子どもへの愛に溢れ、ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳 徹子・著)の絵でも知られるちひろの絵は、世代を超え愛され続けている。その絵を知らない人はいないとも言えるいわさき ちひろだが、彼女の人生が波乱に満ちたものであったことは、あまり知られていない。本作は、彼女の知られざる人生に迫ったドキュメンタリー映画である。

大好きな絵の道に進みたいと思っていたちひろだったが、親の決めた望まぬ結婚をする。しかし、夫とは不幸な形で死別。戦争で家も失い、人生のドン底にいた彼女は、絵で生きる決意をする。その時、27歳。疎開先の信州から家出同然で単身上京した再出発から、運命の人・松本善明との出逢い、四面楚歌のなかでの再婚、失業中の夫を絵筆一本で支えた過酷な日々、仕事での孤立、そして病との闘いまで。映画はその柔らかな絵からは想像できない、波乱の人生を追っていく。その中で浮き彫りになるのは、情熱的な恋に身を焦がした女性としての顔、孤立しながらも童画界を変えようと奔走した芸術家としての顔、そしてすべての子どもの未来を守ろうとした強い母としての顔だ。どんな困難にも決して屈しなかった彼女の姿に触れたとき、私たちはその強さに驚きと感動を、もらうことだろう。(公式ホームページより抜粋)

シアターリーブラチラシ[PDF:6MB]

シアター・リーブラについて

シアター・リーブラは、リーブラ・ホールで定期的に実施する映画上映会です。
リーブラの図書資料室で所蔵する作品を公開上映し、映画を通じて男女平等参画推進やジェンダーへの理解を深めていただくために開催する企画です。
◆申 込…不要
◆入 場…無料
◆会 場…みなとパーク芝浦 1階 リーブラ・ホール

お問合せ先

港区立男女平等参画センター(リーブラ)
〒105-0023
東京都港区芝浦1-16-1 みなとパーク芝浦
TEL: 03-3456-4149  FAX: 03-3456-1254

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

イベントカレンダー

5月

29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

リーブラと男女平等参画

リーブラを利用する