【リーブラ助成事業】勝部元気さん講演会「職場のジェンダー意識改革~女らしさという誤解、男らしさという鎧~」

公開日 2017年12月20日

20180202働く人のセーフティネット

【平成29年度 リーブラ助成事業<ホップ>】
働く人のセーフティネット 主催

勝部元気さん 講演会
「職場のジェンダー意識改革~女らしさという誤解、男らしさという鎧~

平成30年2月2日(金)
=本日は予定通り開催いたします=
(定員に達しましたので、お申込終了)

働く人のセーフティネット とは

働く人のセーフティネットは、ハラスメント防止コンサルタントや社会保険労務士、または社会保障や職場環境の改善に興味関心のある人たちの集まりです。
セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントなど各種のハラスメントへの対応、職場での諸問題や社会保険(健康保険・年金)や労働保険(労災保険・雇用保険)などを中心に、定期的な無料相談会や各種のセミナーを開催しています。また、無料メール相談なども行っています。

講座について

近年女性活躍推進が叫ばれるようになりましたが、以前に比べて職場で女性が働きやすくなったと感じている人はほとんどいないのではないでしょうか。
人事評価、仕事の割り振り、社内ルール等で、今でも当たり前のように性別によって異なる扱いをしている職場が少なくありません。
分かりやすい性差別は無くとも、事実上女性に不利に運用されているケースや、セクハラも根絶には程遠い状況です。
それらの背景も手伝い、日本はジェンダー平等に向けて改革が進む世界の国々から取り残され、ジェンダーギャップ指数は2017年114位と、過去最低を更新しました。
ジェンダー平等で働きやすい職場作りを邪魔しているのは何なのか?
どうして先進国で日本だけがいつまでも初歩的な課題を解決できないのか?
評論家・社会起業家として活動する勝部元気さんと一緒に、職場のジェンダー意識に関する構造的な問題や文化的な問題にメスを入れ、根本的な問題を探ります。

講座概要
日 時

平成30年2月2日(金)
午後6時30分~8時30分

内 容

◆企画Ⅰ(講演)
「職場のジェンダー意識改革~女らしさという誤解、男らしさという鎧~」
●講師:勝部 元気 さん
◆小セミナー 
「共感力を高めるトレーニング」
●講師:有馬 珠子 さん
◆企画Ⅱ(ワークショップ)
●進行:勝部 元気 さん

会 場 港区立男女平等参画センター リーブラ 2階 学習室C
対 象 テーマに関心がある方、どなたでも
定 員 30名(事前申込制、先着順)
保 育 あり(無料・定員あり・申込順)
※1歳以上、未就学児まで。1月18日(木)までに要予約(講座申込時にお申し込みください)
参加費 無 料
申 込

《実施団体にて申込受付 》 
この企画は助成事業につき、実施団体に直接お問い合わせください
(お申込、お問い合わせ先はリーブラではありません)

▼講座の詳細は、実施団体のホームページをご覧ください
http://workers-safetynet.jp/

▼ 申込方法
こくちーずからお申し込みください
http://kokucheese.com/event/index/499082/

講師について

勝部 元気 さん
●評論家/社会起業家、株式会社リプロエージェント 代表取締役
[プロフィール]
1983年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。ジェンダー論、現代社会論、各種人権問題を専門とする若手論客として、WEB媒体、雑誌、TV等で評論家活動を展開。また、女性活躍×健康経営をコンセプトとしたソーシャルベンチャー「株式会社リプロエージェント」で代表を務めている。著書『恋愛氷河期』(扶桑社)。所有する資格数は69個。

有馬 珠子 さん
働く人のセーフティネット副代表幹事、公益財団法人21世紀職業財団認定ハラスメント防止コンサルタント、内閣総理大臣認証NPOコミュニケーション能力開発機構 心理カウンセラー1級 コーチング1級
[プロフィール]
大学卒業後、ライターとして勤務した会社を被告に、弁護人不在のセクハラ本人訴訟を追行。一審完全敗訴後、控訴審で逆転勝訴する。各自が共感力を高め、生産性につながる職場作りを推奨している。著書「あなたの周りに潜む東電OL予備軍」他。

▼講座の詳細チラシはこちらからダウンロードできます
職場のジェンダ-意識改革(H29年度リーブラ助成事業)[PDF:288KB]

お問い合わせ先

働く人のセーフティネット
info@workers-safetynet.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード