【国際理解講座】 男女平等参画の先進国・フィリピンの取組みから日本のジェンダーギャップについて考えよう!

公開日 2017年11月01日

国際理解講座 
【国際理解講座】
男女平等参画の先進国!
フィリピンの取組みから
日本のジェンダーギャップについて考えよう!

12月8日(金) 午後6時40分~8時40分
=定員に達したため、受付を終了しました=

講座について

世界経済フォーラムが2017年11月2日に発表したジェンダーギャップ指数にもとづくレポートで日本は114位でした。
日本で男女平等参画がなかなか進まないのはなぜでしょうか?
どのような取組みが必要なのでしょうか?

同じアジア圏で近年トップ10にランクインし続けているフィリピンの事例から、日本のジェンダーギャップについて考えてみましょう!

【第一部】 フィリピンにおけるジェンダーと法

●講師: KRISTINE MARGRET MALANG  (クリスティン・マーグレット・マラン)氏
 フィリピン共和国大使館 領事 兼 二等書記官
言語: 英語 (逐次通訳あり)

【第二部】 世界で活躍するフィリピン女性と日本社会 ~人の移動の観点から

●講師: 小ヶ谷千穂 (おがや ちほ) 氏
フェリス女学院大学文学部教授
言語: 日本語

講師について

マラン氏

● KRISTINE MARGRET MALANG 氏
   (クリスティン・マーグレット・マラン 氏)  
プロフィール

フィリピン共和国大使館 領事 兼 二等書記官。フィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学のロースクールで法学博士を取得後、2012~13年まで在ローマ・フィリピン大使館にて三等書記官(経済文化部)、2014~16年まで同大使館にて副領事(領事および在外フィリピン人支援部)を歴任された後、2016年から現職。

小ヶ谷氏画像

● 小ヶ谷 千穂 (おがや ちほ) 氏  プロフィール

フェリス女学院大学文学部コミュニケーション学科・教授。1974年生まれ。97年一橋大学社会学部卒業。2003年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。横浜国立大学教育人
間科学部准教授を経て、現職。専門は国際社会学、国際移動論。主にフィリピンからの人の移動を中心に、香港やシンガポールなどに家事労働者として働きに行く女性たちの組織活動や、出身家族との関係について研究。最近は、ヨーロッパや北米で暮らすフィリピン人移住者のネットワークや、国境を越えて移動する子どもたち、「ダブル」「ハーフ」と呼ばれてきた若者たちの語りをもとにしたアイデンティティ研究を進めている。主な著書に『移動を生きる:フィリピン移住女性と複数のモビリティ』(有信堂高文社2016年)、『国際社会学』(有斐閣・共編著2015年)など。

 

講座概要

日 時 平成29年12月8日(金)
午後6時40分~8時40分(開場:午後6時20分)
会 場 港区立男女平等参画センター 2階 学習室C 
参加費 無 料
対 象 おもに港区在住・在勤・在学の方。
または、テーマに関心のある人。
定 員 20名(申込順)
保 育 あり(無料・定員あり・申込順)
※0歳4か月以上、未就学児まで
※11月23日(木)までに要予約(電話・FAX・申込フォーム・リーブラ窓口にて受付)
申 込

下記の申込みフォームから
※講座タイトルは「国際理解」とご記入ください。
※保育希望ありの方は備考欄に下記の情報をご記入ください。
お子さんの 1. お名前、2. 月齢(○歳▲ヶ月※講座日時点)、3. 郵便番号と住所(※後日、保育利用票郵送のため)

電話、Fax、窓口で
TEL: 03-3456-4149
◆FAX: 03-3456-1254

▼講座の詳細チラシは、こちらからダウンロードできます。
12/08(金)開催・国際理解講座チラシ[PDF:1MB]

お問い合わせ先

港区立男女平等参画センター(リーブラ)
〒105-0023
東京都港区芝浦1-16-1
みなとパーク芝浦2階
TEL: 03-3456-4149  FAX: 03-3456-1254
E-mail:

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード