3.11と女の子たち~10代、20代の女性と震災、その後について~

公開日 2016年03月23日

3.11と女の子

3.11と女の子たち

~10代、20代の女性と震災、その後について~

平成28年月3月26日(土)午後2時~午後4時

講座について

東日本大震災から5年。

3.11で被災した10代、20代の女の子たちは、どういった困難に直面し、その後どのように生きて来たのでしょうか。
日頃から若年女性の支援に取組み、震災後に支援活動を続けている講師のお話を聞き、今後の震災に備えてやっておきたいこと、いま私たちができることをワークショップ形式を交えて、考えて行きましょう!

講座概要
日 時 平成28年3月26日(土)14:00~16:00
会 場 港区立男女平等参画センター「リーブラ」 みなとパーク芝浦 2階 学習室C
参加費 無料
対 象 テーマに関心がある方
定 員 20名(申込順)
保 育 あり・無料(定員あり・申し込み順)
※4ヶ月以上、未就学児まで。
※3月16日(水)までに要予約 (講座申込みの際にあわせて予約ください)
 込

~2月22日(月)より申込み開始~

電話・FAX・メール・窓口にてお申し込みください。
【リーブラ】
TEL: 03-3456-4149
FAX: 03-3456-1254
メール: libra@career-rise.co.jp
メールでお申込みの場合は、メールタイトルを「【講座申込】3.11と女の子講座」とし、
1.
氏名、電話番号(必須)・FAX・メールアドレス、
2.港区との関係(いずれか:在住・在勤・在学・その他お住まいの市区町村)
3.差し支えなければ 年代 (例: 40代 )

4.保育希望の場合はお子さんの月齢(○歳▲ヶ月※講座開催日時点)と住所」を記入してください。                             
保育は定員あり、先着順です。定員に達していなくても3月16日(水)に申込みを締め切ります。 保育の申込みをされた方にはリーブラから託児利用票を郵送しますので、支障のない郵送先を記入してください。
FAXまたはメールの場合は受信後、当方より確認の連絡をさせていただき、受付完了といたします。

講師

 橘 ジュン さん
    
ライター
/「VOICE Magazine」編集長/
  NPO法人「BONDプロジェクト」代表

         橘ジュンさんHP用写真

《プロフィール》

10代の終わり、知り合いの編集者に勧められ、アウトロー的な生き方をする10代の少女たちの取材、ビデオ、レポーターやルポ執筆の活動を始める。
結婚・出産を経て、パートナーのカメラマン「KEN」と共にフリーマガジンVOICES創刊。これまで少女たちを中心に3,000人以上に声をかけ、聞いて、伝え続けてきた。
メールやウェブサイトにも少女たちからの声、相談が多数寄せられている。2009年NPO法人BONDプロジェクトを設立。渋谷を拠点に「聴く、伝える、繋げる」の活動をさらに広げている。
著書には、『VOICES ~キミの声を伝える~』(グラフ社)、『漂流少女 ~夜の街に居場所を求めて~』(太郎次郎社エディタス)がある。

KEN さん
 
 BONDプロジェクト統括/『VOICE Magazine』アートディレクター&フォトグラファー

    KENさんHP用写真

《プロフィール》

ファッション、グラビアなどのフリーアシスタントを経て、24歳の時フリーランスに。東南アジアや東ヨーロッパを撮り歩き、1997年3月に東銀座写真展「黄色」を開催。広告撮影から商業誌などを手がけ、ティーン誌ではアウトローな生き方の少年少女達を撮りおろす。
公私共のパートナーでもある、橘ジュンと共に2006年にフリーマガジン『VOICES』を発刊。2008年4月に渋谷大盛堂書店にて「voices展」開催。現在16号まで発刊。居場所の無い少女たちの現状を取材し続け、橘ジュンと「BONDプロジェクト」を設立し、現在に至る。         

▼講座の詳細チラシはこちらからダウンロードできます。
3.11と女の子[PDF:484KB]

お問い合わせ先

港区立男女平等参画センター(リーブラ)
〒105-0023
東京都港区芝浦1-16-1
みなとパーク芝浦
TEL: 03-3456-4149  FAX: 03-3456-1254
E-mail: libra@career-rise.co.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード